競馬で高額配当を手にする為に
必要な知識

TOP
高配当,傾向,荒れ

高配当を得る為の知識

競馬で高額配当を手にする為に必要な知識、多くの要素があります。
基本となるのは、一番人気が来なかった時には配当が大きくなりやすいという事です。
当然ではありますが、これは重賞レースになればなる程多かったりもするので、まずは抑えておきたいポイントです。

では、どういった時に一番人気が来ないのか、レースが荒れているのかを見ていく必要があります。
現代の競馬においては、一番人気の実力というのはほぼ間違いなく能力の高い馬が入る傾向となっています。
特に人気のある馬、例えば「ブチコ」の様な特別な馬ではない限りは正当な評価をされていると見て良いものでもあるわけです。
しかし、その馬が「好走する事が出来なかった」時が荒れるレースとなる理由です。

時期から見る傾向

まず冬の時期というのは荒れやすい傾向にあります。
気温的な問題で調整が難しくなる事、また若駒のうちはソエを発祥したりもするので、能力が十分に発揮出来ないケースがあるという事が言えるのではないでしょうか。
また夏に入ると比較的一番人気は堅い傾向になります。
夏競馬の場合は、一番人気が飛ぶよりも、ヒモ荒れしている様で、秋に向かってる上がり馬の存在が荒れる要素になっている傾向にある様です。
秋から年末にかけては比較的本命馬は複勝圏内には来ている傾向にあり、仕上げて目標が明確になっているだけに一番人気馬は堅実に好走している傾向にある様です。

コースや馬場、条件からみた傾向

馬場状態としてはやはり重馬場等になれば荒れる傾向にあります。
また、コースでは長距離は比較的荒れやすい傾向もあります。これはやはり適正距離以上の距離を走る馬が有力馬だった場合には荒れやすい傾向が出てくる様です。
また、短距離も1400mの距離も荒れやすい距離となっています。
ここはマイラーとスプリンターが交錯する距離である上、距離が短いため展開一つで大きく結果が変わってしまう条件となる為でしょう。
条件戦ではハンデ戦はかなり荒れる傾向となっています。
ハンデ戦は能力に対して間違いないハンデを付けれるわけではないので、穴馬が来やすいレースと言えるでしょう。
新馬戦は比較的荒れずに本命決着が多く、素質馬や期待馬はすんなり上に上がる事が多い為でしょう。
基本的には条件戦は堅い傾向なのですが、オープンと条件戦を行ったり来たりしている馬が集まる1600万クラスあたりになると、上がってきた馬と下がってきた馬の実力差が図りにくくなる為か若干荒れやすくなっています。

これはあくまでも過去のデータから見た結果からの傾向ですが、そういった結果になった事には理由があるはずであり、その理由を考える事で荒れるレースがどういうレースなのかが分かってくるはずです。
当然荒れると思っていて荒れないレースもあるわけですが、その時はその時で荒れるレースは狙っていく方が当たった時は嬉しいものですし、大きな配当を掴み取る事が出来るわけです。
季節や条件によって競馬を見ていけば、自然と重賞ではないレースにも見どころを見つける事が出来ますし、それが馬券上達の道であり競馬を楽しむ秘訣にもなるので、一度改めて見てみてはいかがでしょうか。

一押し競馬情報[PR]

利用者の声

群馬県 大河
競馬好きも納得の予想を出してくれるんじゃないかな。
だって競馬で食えてる人なんてそうそういないでしょ?
それだけ良い予想を出してる証明だよね。
12-11 21:23:31
大阪府 チェケラ
毎回ありがとうございます!他のサイトではほとんど的中をもらえなかったんでマジで嬉しいです。的中して当たり前って感じがとにかく凄いとしか言えません。
12-11 20:43:38
福岡県 馬ボー
競馬なんてって思いながらも金が欲しくてやってみた。
4分の3で的中で10万くらいの利益
競馬舐めたらダメっすよ。
12-11 19:58:25

競馬での勝ち方|勝てる予想の方程式

競馬の確率理論|競馬の本質

競馬のオッズ|倍率の仕組み

競馬で高回収率|予想方法論

競馬の八百長|八百長の定義

競馬における的中率|的中率を考える

競馬予想のプロ|プロの予想で勝てるのか?

競馬の買い目点数|何点が理想なのか検証

競馬における万馬券|簡単に取る方法

競馬オッズと馬柱|勝馬を選別する手法

競馬の馬柱|予想の精度を向上させる

競馬のサイン予想|穴馬、大穴を見つける手法

競馬新聞|どれが一番良いのか

競馬ブログランキング|記事の質の違い

競馬予想掲示板|掲示板予想から組み立てる

競馬テレビの解説者予想|その信頼度

競馬動画|レースで勝馬を見つけるポイント

競馬予想サイト|利用してお金を稼ぐ方法

競馬情報サイト