競馬での勝ち方を考える
勝てる予想の方程式

TOP
競馬,勝ち方,方程式

競馬での勝ち方の確立

競馬で勝つにはどうすればいいのか、その勝ち方は様々です。
例えば、点数を絞って購入金額を増やす、逆に点数を増やして万馬券を広く狙える様にする等、どちらにしても大きな払い戻しを得る事が出来る可能性はあります。
ではどちらの勝ち方が良いのか、どういう勝ち方が理想なのか、そこはケースバイケースとなるでしょう。
それでは勝ち方、方程式はどうやって確立するのかという事になってきます。

方程式の確立の仕方

これはあくまでも個人的な意見ですが、まず共通する事を見つけていく事が大切です。
例えば、過去に競馬で何億円も稼いでいた集団の話が一時期噂になりましたが、その手法の一つとして絶対に来ない馬を切るという方法がありました。
これは共通する手法として利用価値のあるものであると考えられます。
取り入れた場合は総流しという買い方はしないという事になりますが、その分有力馬の買い目を増やしたり購入金額を厚くする事が可能となり、有効な方法と言えるのではないでしょうか。
他にも買い目の金額をある程度均等になる様に調整するという方法もあります。
これはボックス買い等をしていると出来ないので面倒ではありますが、ソフト等を利用すれば簡単にする事は可能でもあります。
また、絶対に来るであろう軸を決めるというのも効果的です。
軸を決める事で点数を絞れますし、その分は同様に有力馬の買い目を増やしても良いですし、一点に賭ける購入金額を厚くする事も出来る事になります。
点数の絞り方は基本ではありますが、初心者や中級者の方でも点数が多くなりがちになるのは良く見られる傾向であり、勝つために方程式を確立する為には効果的な方法となるのではないでしょうか。
そして、こういった共通するものから出来上がるものが、勝ち方としての方程式となり得るのではないかと考えます。

方程式を確立させる

共通する事を取り入れてある程度の勝ち方を考えていくと後は実践する事になりますが、方程式というものが何故必要なのか、その点を良く考えて実践する事が大切です。
方程式が当てはめ辛い時もあるかと思います。
例えば人気が割れていてどうしても軸馬が絞り切れないレースがあったとしましょう。
それでもきちんと当てはめて軸馬は絞り切る、その決断が出来るかどうかが分かれ道になってくると思います。
もちろんそれで外れてしまう事もあるでしょうが、その時はその時だと割り切る事もギャンブルで勝つには必要な事だと思います。
勝てる時に勝てなければ、中々収支をプラスに持っていく事は出来ません。
勝てる予想の方程式、これはブレない確固たる信念を持つ事、実はそれが一番大切な事なんです。

方程式が実践出来ない場合

多くの人が、確固たる信念を持ちたいと思っていると思いますし、そう出来ればしているものだと思います。
それでも中々出来ないという方もいると思います。
そういう時は、逆に競馬予想サイト等を利用してみるのもありです。
競馬予想サイトの良いところは、提供された買い目を買うだけという事が可能となる事で、そこには迷いもなく買う事が出来ます。
無料情報、有料情報とあって買い目も色々とありますが、ある程度好みに合った競馬予想サイトが見つかるのであればこういったサイトを利用するのも良いのではないかと思います。

一押し競馬情報[PR]

利用者の声

鹿児島県 にゃお
儲かったにゃ~ん。猫に小判とはこういうことにゃんだにゃ~。
12-11 21:03:49
広島県 まきばおうじ
競馬は初心者なので不安でしたが、丁寧に教えてもらえて感謝しています。それに的中する喜びをすぐに感じられたのでとても良かったです。
12-11 20:45:13
群馬県 アリス
こんなこと、現実にあるんですね?(笑)今でも本当に信じられないです…。競馬を知らない私がこんなに当てちゃっていいんですかね?…こんな大金を手にして、正直震えてます。
12-11 20:25:13

競馬の確率理論|競馬の本質

競馬のオッズ|倍率の仕組み

競馬で高額配当|高額配当の出るレース

競馬で高回収率|予想方法論

競馬の八百長|八百長の定義

競馬における的中率|的中率を考える

競馬予想のプロ|プロの予想で勝てるのか?

競馬の買い目点数|何点が理想なのか検証

競馬における万馬券|簡単に取る方法

競馬オッズと馬柱|勝馬を選別する手法

競馬の馬柱|予想の精度を向上させる

競馬のサイン予想|穴馬、大穴を見つける手法

競馬新聞|どれが一番良いのか

競馬ブログランキング|記事の質の違い

競馬予想掲示板|掲示板予想から組み立てる

競馬テレビの解説者予想|その信頼度

競馬動画|レースで勝馬を見つけるポイント

競馬予想サイト|利用してお金を稼ぐ方法

競馬情報サイト